TVに10秒間アプリを紹介されるとDL数は・・・

 

弊社ではiPhoneアプリ、Androidアプリをいくつか公開しています。

2010年ころにリリースした無料歌詞表示アプリであるLyricaが代表的サービスですが、それ以外にもちょくちょく出しています。

僕らの隣で頑張っているチームが出したちっちゃいおっさんげーむすも、リリース2日目で総合無料ランキング200位以内にランクインしているようです。

アプリつくっている人たちは、たぶん暇があったら、総合ランキングとか自分のアプリのカテゴリのランキングをチェックしてますよね。

ランキングというのは、昔からわかりやすいですよね。モチベーションの原動力にもなりますし。今は、ランキングを上げるコツやプロモーションの仕方が、いろいろなセミナーで語られていますが、2年前くらいはいろいろな噂レベルで、こうしたらあがるとかあーしたらあがるとかいう話をよくしていた気がします。

そんな時代から、その特徴を把握するためにDL数やランキング特徴を分析するために数値をとっています。

僕らのアプリは、総DL数はそんなに重要な指標ではないのですが、一応、とっているわけです。

で、ここからが本題なんですが、7月にLyricaがTVで紹介されたんですが、そのときに如実にDL数が増えて面白かったのでちょっとブログに書くことにしました。

7月14日土曜日の情報系番組に取り上げられ、芸能人が愛用しているiPhoneアプリというような感じで紹介されました。

 

その前後の総合ランキング(無料)とDL推移が以下になります。

 

■iOS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Android

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月14日をみると、相当跳ね上がっています。時間にすると10秒くらいで、持続性はほぼなかったわけなんですがやっぱりTVはすごいなぁと思ってしまいました。

 

あともう一つ面白かったのは、iPhoneでの紹介だったのですが、Androidでもやはり跳ね上がったことですね。

iPhoneアプリの紹介でもAndroidユーザーは探すんでしょうね。

 

で、この表をぼーっとみていると、Lyricaの場合、iOS版とAndroid版の総合ランキング(無料)が結構、同じくらいの順位だったりしているので、今の日本における総合無料ランキングに対しての両OSのDL数を比較するのにちょうどよいなぁとぼんやり思ったので、日数おおめに公開しておきます。

参考になればと思います。

 

 

 


Leave a Comments

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です